下痢 肺炎 感染 牛 繁殖 妊娠 長崎 和牛 乳牛 コクシジウム バイコックス 

一般社団法人松浦地区畜産振興会
松浦地区家畜診療所
〒859-4502
長崎県松浦市志佐町里免200-3
TEL:0956-72-0562
FAX:0956-72-0904

─────────────
■家畜の診療業務
■獣医師免許
─────────────
qrcode.png
http://matsuura-katiku.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 
 

Q&A

 

下痢・肺炎について

下痢・肺炎について
 
感染症対策に何をすればよいですか
まず栄養を充足させ牛の抵抗力を上げること、
飼養管理、環境を改善し病原体の蔓延を防ぎ
牛のストレスを軽減させましょう。
 
代用乳給与量を増すと病気にかかりにくくなりますか
冬場など寒冷期には給与量を増すと疾病発生率が下がったとの報告があります。
 
下痢の発生状況について
全国的にはコクシジウム病、コロナウィルス病、ロタウィルス病、大腸菌症、
クリプトスポリジウム症、サルモネラ症などが報告されています。
管内ではコクシジウム、ロタ、コロナなどが原因となることが多いようです。
 
糞便の性状や観察方法をおしえてください
脱水、発熱などによる固形便、胆汁の分泌不足による灰白色便、
脂肪吸収不足による白色便、感染症による水様便、
腸管の出血による鮮血便やタール状便、
コクシジウム病やクロストリジウム病などの炎症や
薬剤副作用による偽膜性腸炎などがあります。
 
下痢の発生時期について
生後1週間くらいまでにロタウィルスや大腸菌症、
3週齢くらいまでにコロナウィルスやクリプトスポリジウム病、
3週齢以降にコクシジウム症が多いと言われています。
 
コクシジウム病について
コクシジウム病はE.bovisをはじめ多種のEimeriaが関与し、全国的に高率な汚染状況が認められます。
感染状況によりいろいろな程度の下痢症状を示し、腸管粘膜上皮細胞に障害を与え栄養吸収不良による発育遅延が多く見られます。
 
コクシジウム病の発生状況について
農場により異なりますが全国的には夏場に多いようです。
 
コクシジウム病対策について
2週齢でのバイコックス投与が効果的です。
加えて環境対策、消毒の徹底による環境中のオーシスト対策が重要です。
 
単純性下痢症の対策について
悪臭や粘液、血液混入などがなく、活力、食欲があり発熱がないような単純性下痢症では
抗菌剤を使わずベリノール末などを投与し様子を見ます。
脱水があればサラーロンなど経口補液剤で補液してあげます。
また冬場など寒冷時は保温することも必要です。
 
子牛の消化管感染症対策について
アースジェネターやボバクチンなどの生菌剤の利用やヒーター、ジャケットなどを用いた寒冷時の保温、
経口補液による脱水症状改善、消毒の徹底による病原体拡散の防止などがあげられます。
 
BRDCとは何ですか
BRDC(牛呼吸器病症候群)はウィルス、細菌等の病原微生物とストレスなどによる免疫状態の変調が絡み合って発生する呼吸器疾病・症候群のことです。
 
なぜBRDCを克服できないのですか
多頭飼育化による病原体感染率の上昇、輸送導入時のストレスや病原体の侵入、効率化優先のための管理不足などが原因として考えられます。
 
BRDC対策について
栄養状態の改善、飼養環境の改善、密飼いや群構成の見直しにより抗病性を上げ病原体のまん延を防ぐ。発症前の予防処置、早期の治療など。
 
肺病変から分離される病原体について
IBR、RS、PI3、BVDなどのウイルス、 マンヘミア・ヘモリチカ (Mannheimia haemolytica) 、 パスツレラ マルトシダ (Pasteurella multocida)、ヒストフィリス・ソムニ (Histophilus somni)、アルカノバクテリウム・ピオゲネス (Arcanobacterium pyogenes) 、マイコプラズマ類など。
 
抗菌剤を用いた予防について
導入時ミコチル投与により発症率の減少、治癒率向上が期待できます。
 
牛呼吸器病予防ワクチンについて
5種混合生ワクチン(IBR、BVD、PI3、RS、AD3)、RS生ワクチン、5種混合不活化ワクチン(IBR、BVD1、BVD2、PI3、RS)、鼻空内投与ワクチンTSV-2などがあります。
<<一般社団法人松浦地区畜産振興会 松浦地区家畜診療所>> 〒859-4502 長崎県松浦市志佐町里免200-3 TEL:0956-72-0562 FAX:0956-72-0904