一般社団法人 松浦地区畜産振興会 松浦地区家畜診療所|長崎県北部|松浦地区|獣医師|家畜診療|夜間・緊急|24時間体制|年中無休|安心対応

一般社団法人松浦地区畜産振興会
松浦地区家畜診療所
〒859-4502
長崎県松浦市志佐町里免200-3
TEL:0956-72-0562
FAX:0956-72-0904

─────────────
■家畜の診療業務
■獣医師免許
─────────────
qrcode.png
http://matsuura-katiku.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 
 

ブログ

 

ブログ(日々の出来事を掲載しています)

ブログ(日々の出来事を掲載しています)
フォーム
 
診療
2017-02-22
生後2週目の子牛の下痢の治療で
「うちいつも母牛がおまき出してるときに子牛が下痢するんだよね」
 
「母牛が発情したときって子牛下痢しますもんね…」
 
一般的には発情時期には母牛の活動が上がって摂食量は減るのでエネルギー不足になり、
体脂肪が血液中に遊離して乳質が変わり、脂肪の消化ができず
白痢になるといわれています。
 
発情時に必ず下痢になるわけでは無く
自然に治ることも多いのであまり気にしないことも多いですが。
<<一般社団法人松浦地区畜産振興会 松浦地区家畜診療所>> 〒859-4502 長崎県松浦市志佐町里免200-3 TEL:0956-72-0562 FAX:0956-72-0904