一般社団法人 松浦地区畜産振興会 松浦地区家畜診療所|長崎県北部|松浦地区|獣医師|家畜診療|夜間・緊急|24時間体制|年中無休|安心対応

一般社団法人松浦地区畜産振興会
松浦地区家畜診療所
〒859-4502
長崎県松浦市志佐町里免200-3
TEL:0956-72-0562
FAX:0956-72-0904

─────────────
■家畜の診療業務
■獣医師免許
─────────────
qrcode.png
http://matsuura-katiku.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 
 

ブログ

 

ブログ(日々の出来事を掲載しています)

ブログ(日々の出来事を掲載しています)
フォーム
 
治療
2017-01-19
このごろ産業動物医療分野でもバクテリアによる
バイオフィルム形成の問題がよく取り上げあれます。
 
慢性肺炎や慢性乳房炎では
バクテリアが立体的なバイオフィルムを形成して
生体の免疫や抗生物質から逃れることができると
いわれており疾病の難治化につながります。
 
マクロライド抗生物質がバイオフィルム形成を抑え
長期投与によって慢性化した疾病に有効である可能性が
あるとのことですが、バイオフィルムやマクロライドについて
未解明なことが多いようです。
 
 
診療
2017-01-18
冬に成牛が集団下痢をしたらコロナかもしれません。
コロナは呼吸器病にも関連していて
単独では病原性はそれほど強くないようですが、
シビアなタイプでは死亡例もあるそうです。
 
酪農家では乳量減少につながるので
秋口に単味のワクチンをうってます。
多くの株と交差するそうなので呼吸器病にも
単味ワクチンで効く可能性がありそうです。
 
 
診療
2017-01-18
すごくまれに開口障害でエサを食べない、
ガスがたまるなど破傷風を疑うときがあります。
 
分娩後に多く破傷風菌Clostridium tetani が
子宮の傷口から感染、抑制系の神経が
阻害されて発症するそうですが
潜伏期間が長いと外傷が治癒したあと
発症することもあるそうです。
 
治療はしますがほぼ予後不良と思います。
 ねんのため獣医師も病院で予防注射うけてます。
 
 
往診
2016-12-31
今年最後の日は下痢の治療で5件ほど往診、
正月になるので皆早めにかけてこられたようです。
また今月はキャトル当番でした。
 
治療
2016-11-23
子牛の中手骨骨折。
開放骨折になっていました。
<<一般社団法人松浦地区畜産振興会 松浦地区家畜診療所>> 〒859-4502 長崎県松浦市志佐町里免200-3 TEL:0956-72-0562 FAX:0956-72-0904