一般社団法人 松浦地区畜産振興会 松浦地区家畜診療所|長崎県北部|松浦地区|獣医師|家畜診療|夜間・緊急|24時間体制|年中無休|安心対応

一般社団法人松浦地区畜産振興会
松浦地区家畜診療所
〒859-4502
長崎県松浦市志佐町里免200-3
TEL:0956-72-0562
FAX:0956-72-0904

─────────────
■家畜の診療業務
■獣医師免許
─────────────
qrcode.png
http://matsuura-katiku.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 
 

ブログ

 

ブログ(日々の出来事を掲載しています)

ブログ(日々の出来事を掲載しています)
フォーム
 
所内セミナー
2017-02-25
所内セミナーを開いて
乳房炎ワクチンのスタートバックについて
現場でのデータなど示しながら詳しく教えていただきました。
共立製薬の栗木さん、西山さんありがとうございました。
 
 
 
診療
2017-02-22
生後2週目の子牛の下痢の治療で
「うちいつも母牛がおまき出してるときに子牛が下痢するんだよね」
 
「母牛が発情したときって子牛下痢しますもんね…」
 
一般的には発情時期には母牛の活動が上がって摂食量は減るのでエネルギー不足になり、
体脂肪が血液中に遊離して乳質が変わり、脂肪の消化ができず
白痢になるといわれています。
 
発情時に必ず下痢になるわけでは無く
自然に治ることも多いのであまり気にしないことも多いですが。
 
診療
2017-02-09
今回は晴に金太郎3のオス。
真っ暗な牛舎で人間も大変でしたが
子牛がかなり大きかったので、
時間もかかって母体も大変だったと思います。
 
「金太郎はお産の事故多いそうですね…」
ときどき農家の方に言われることがありますが
当診療所管内では金太郎3の胎児で
分娩事故が多いということはありません。
 
十分なスペースと衛生的な敷料を準備して
静かに落ちついて分娩させてあげれば
ほとんど自力で分娩してくれると思います。
 
子牛の鼻先が見えてから
子宮頚管の最後1/3が開くともいわれます。
はやく介助の手を出してかえって難産になることは多い。
 
 
 
 
 
 
 
診療
2017-02-05
鼻腔投与ワクチンTSV2は鼻粘膜での局所免疫を
すばやく作ることで防御効果が期待できる。
 
輸送後の子牛で使った印象では
発症はするが病状の軽減と回復が早く
治療回数も減るようです。
 
使うのはやはり移動時や輸送時がよくて
セリ市で購入後投与するという方法がやられているようで
ボビバックなどと組み合わせるとより良さそうです。
 
繁殖
2017-01-20
「薬注の牛が増えたよ」
と子宮内膜炎の治療をたのまれて
「PGできれいに発情来るし粘液も出るんだけど
いつも濁ってるんだ」
と検査してもまだ子宮内に滲出物あり。
 
「難産子牛が仮死状態で産まれて大変だったよ…」
と言われるので母牛が分娩時にかなり難産で無理をしたのか
そのため子宮内の汚染や感染があり
正常な子宮修復が遅れたのだと思われます。
 
抗生剤やイソジンの投与、子宮洗浄などで治療しますが
反応が悪いときはかかるコストや時間が
大きくなってしまいます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
<<一般社団法人松浦地区畜産振興会 松浦地区家畜診療所>> 〒859-4502 長崎県松浦市志佐町里免200-3 TEL:0956-72-0562 FAX:0956-72-0904